lunch

ラ・ジータLa gita

イタリアン / パスタ / ワイン

  • 予約可
  • 禁煙
  • ランチコース
  • 子どもOK
  • 1,800yen
  • 3,800yen
  • 11:30 - 15:00(L.O. 14:30), 17:30 - 22:30(L.O. 21:30)
  • 定休日:月曜日(不定休あり)
la gita パスタ

イタリアの田舎にあるトラットリアを感じながら、
日本の四季の食材が味わえるという贅沢

自由が丘駅正面口から八中通りに出て、インテリアショップIDEEを左手に等々力方向へ3分ほど歩くと、隠れ家のように迎えてくれるレストラン、La gita(ラ・ジータ)があります。

La gita(ラ・ジータ)とはイタリア語で小旅行という意味。
明るい店内はトラディショナルな木と革のチェアに囲まれており、まさにイタリアの田舎へトリップしたような雰囲気です。

La gita

La gita(ラ・ジータ)は、オープンして8年経った今も、ランチライムは予約がないとほぼ入れないほどの人気店。
特にグルメな女性たちに人気のパスタランチは、その時々の旬の素材を使った様々な種類のパスタを「今日はどれにしよう!」と選べるのも楽しみの一つ。
また、外が暗くなり、店内もぐっと大人の雰囲気へと変わるディナータイムは、豊富な種類のメニューを楽しみながらゆっくりお酒をいただくのにぴったりです。

La gita メニュー

写真左:小柱と舞茸のクリームソース(季節のランチパスタコースのメニューから) 濃厚だけどしつこさを全く感じさせない絶品ソース。!小柱と舞茸がよく合います。
写真右:溺れタコのナポリ風 パクチー添え 1680円(ディナーメニューより) ちょっと大人な味のトマトソース で柔らかく煮込んだタコと、新鮮なパクチーとの相性がたまらない!(パクチーが苦手な方は付け合わせの変更可)

また、佐藤シェフの比類稀なスピード感のある手際の良さも、人気の秘密の1つでしょう。
佐藤シェフにお話を聞きました。
『自分の技は、1日200食作った経験から生まれる、瞬間芸のようなものかもしれないですね。
 1つ1つのメニューを安定した高いレベルでご提供できていると感じてもらえば、とてもうれしく思います。』

La gita(ラ・ジータ)は、厳選されたパスタ、季節の素材、絶妙なソースとの3つのトータルバランスが素晴らしく、
本場イタリアを感じながらも日本の旬の食材の良さを存分に活かしたセンシティブなアレンジ力がすべてのメニューに感じられます。
ランチもディナーもとにかくコストパフォーマンスが高く、
気取らずに絶品イタリアンを楽しめる数少ないレストランでしょう。

   

そこそこ美味しいパスタは様々なお店で食べることができるけれど、心から素直に美味しい!と思えるものにはなかなか出会えなかったりするもの。
そんな風に感じている方(当編集部員も同じくなのです)に、是非お勧めしたいお店です。
自由が丘でパスタが食べたくなった時、まずはLa gita(ラ・ジータ)に来て、その味を堪能してみてください。

ラ・ジータ

La gita

 
  • 予約可
  • 禁煙
  • ランチコース
  • 子どもOK
ジャンル
イタリアン / パスタ / ワイン
予算
ランチ:1800円、ディナー:3800円
営業時間
ランチタイム 11:30-15:00(L.O. 14:30) 
ディナータイム 17:30-22:30(L.O. 21:30)
定休日
月曜日(不定休あり)
席数
18席(カウンター2席)
TEL
03-6459-5656 (予約可)
住所
東京都目黒区自由が丘3-7-19
web site
http://www.la-gita.com/

金額、営業時間などは掲載当時のものですので、実際と異なる場合がございます。予めご了承下さい。